学生カードを作成する際の審査基準について

クレジットカードは、私たちの生活に密着している大変便利なもののひとつです。


クレジットカードがあることによって、買い物をする際に多額の現金を持ち歩く必要がなく、買い物のたびにカード会社のポイントが貯まるといったメリットがあることから、一人一枚は持っていたいアイテムであるといえます。


そのようなクレジットカードですが、近年では学生のうちからカードを持ちたいという人も少しずつ増えてきており、学生カードと呼ばれるものが登場するようになりました。


学生カードは、各大学と大手のクレジットカード会社が提携してサービスをおこななっているものや、クレジットカード会社独自のサービスとして行っているものなど様々なものがあります。


しかし、一般的に学生カードを作成したいといった場合の審査基準は通常のクレジットカードに比べて緩いといわれています。


また、学生の場合はアルバイトなどによる収入があることもありますが、定職に就いていないことから、学生本人の収入は審査に当たって重視されず、学生の保護者の勤め先や勤続年数、持ち家か賃貸かなどといったことが審査基準になることが多くあります。


近年、学生カードは18歳から作成できる場合が増えてきており、未成年者が契約をしたいという場合には、クレジットカード会社から保護者へ確認の電話がある場合があります


急な出費や卒業旅行で海外に行く際など、あらゆる場面で便利な学生カードですが、使い過ぎにはくれぐれも注意することが必要です。