学生カードの限度額を引き上げるメリットについて

今や我が国において社会人としてのステータスの一部となっているクレジットカードですが、近年では大学生、専門学生のクレジットカードの加入者が増加していることが話題に上がるようになってきました。


一般的に学生カードと呼ばれるクレジットカードは、通常のクレジットとカードと比較して審査の基準が緩く設定されていることや、月々の利用限度額が低めに設定されているため、クレジットカードを使いすぎて金銭感覚が乱れてしまうことが少ないといったことから非常にニーズが高まっています。


学生カードの審査基準が原則として学生本人は対象とならず、学生の親の年収や職業、自宅のローンの有無などによって総合的な判断により審査が行われています。


学生カードを作成する際は審査が通った際に金融機関の担当者から初めて利用する場合は限度額を低めに設定することをすすめられることが多いといわれています。


ただし、学生カードであっても作成した後において必要が生じた場合には、いつでも限度額の引き上げを申請することができるようになっています


たとえば、学生生活に伴う急な出費や卒業旅行の費用、学費の一部のねん出をするといった時には、限度額の引き上げを申請するメリットは大きいといえます。


また、限度額の引き上げによって買い物をする際にポイントが多くたまったり、飛行機などを利用する場合にはマイルがつくことからも学生カードを作成するとを検討することは非常に有意義であるといえるでしょう。