学生カードの便利なキャッシング機能について

昨今、各大学や専門学校内において学生カードの作成にかかわるキャンペーンが頻繁に行われるようになっています。


一般的にクレジットカードは定職を持っている社会人が持つものとされてきましたが、近年ではアルバイトなど学生自身が収入を得る方法が増えてきたことや、ゼミやサークル活動などによって急な支出が生じる機会が増えてきたことなどによって、学校とクレジットカード会社が提携して学生カードの作成を勧めるようになってきました。


一般的な学生カードの特徴としては、月々の利用限度額の範囲であれば買い物などの支払いの際に利用ができるといった、通常のクレジットカードとほぼ同じ機能を持つものが大半ですが、中にはキャッシング機能がついた学生カードが登場しており、クレジットカード会社と提携している銀行などの金融機関やコンビニエンスストアのATMなどで借り入れを行うことができるようになっているものがあります。


キャッシング機能の付いたカードを利用するうえでは借り入れの金額や返済方法に十分に注意をすることが必要になりますが、学生カードの利用者に向けた各クレジットカード会社のウェブサイトなどで無理のない利用の仕方や返済方法などに関する解説が行われているために、学生であってもクレジットカードを使ってキャッシング機能を便利に使いこなすことは可能ではあるといえます。


だた、クレジットカードのキャッシング機能は便利ですが、いわゆるカードローンと呼ばれるキャッシング専用カードよりも、全体的に金利が高いというのがネックです。


どうせ同じお金を借りるのであれば銀行から登場しているカードローンなどを利用するのがいいでしょう。


しかし一方で、クレジットカードは国内の買い物やサービスの利用時だけではなく、海外に旅行した際にも非常に利便性が高いものであるため、学生のうちから正しいクレジットカードの利用方法に慣れているというのもひとつの考え方であります。